So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

無題 [短歌・本]


image-20150822095208.png

生きた蝉みないなくなり蝉の屍が夏はきたりぬしんしんしんと


2015-08-22 09:55  コメント(0)  トラックバック(0) 

歌の森へ2015 [音楽]

久しぶりの記事は、超久しぶりのコンサート告知です。

チャリティーシャンソンコンサート 歌の森へ2015
歌:北沢祐子 演奏:児玉昌樹とToy Box
7/18(土)午後2:30開演 (開場は2時)
ユニオンゴルフクラブ パインツリーハウス
八千代市大和田新田1155 047-450-2211)
http://union-golfclub.com/index.html
最寄り駅は東葉高速鉄道・八千代緑が丘徒歩7分ですが、車でのご来場をお勧めします。
会費:3000円
ご予約は五賀または047-450-5678(高橋様)まで

続きを読む


2015-06-16 21:08  コメント(0)  トラックバック(0) 

ライブの季節 [音楽]

2014/6/20(金) 19時〜 銀座SOにて、歌と朗読のライブをすることにした。
中央区銀座1-14-10松楠ビルB1
050-1413-8626
http://bar-so.jp/

思えば、3年以上、ソロライブはしていない。
船橋セッションにいらしてくださる方から
「このごろコンサートはないんですか」と言われて、はっとした。
このままだと、だんだんフェイドアウトしてしまいそうだと思った。

これから、元気を取り戻し、なんとかお客様に満足していただけるように歌いたい。
お時間ある方は、ぜひよろしくお願いします。


2014-05-20 07:21  コメント(0)  トラックバック(0) 

マリア・デ・ブエノスアイレス [音楽]

2年前の3月、ボクは公民館のソロコンサートを終えて、がんばった自分のために、ご褒美のコンサートを予約していた。
それが「ブエノスアイレスのマリア」
アストル・ピアソラの作品のなかでも、初期の傑作とされるタンゴ・オペラだ。
ピアソラを知って、2枚目に買ったアルバムが、このマリアだった。
それから数十年、待ち望んだ公演は、東日本大震災のため中止になった。
そうなのか、と、そのとき思った。やはり、マリアを生で聴くのは無理なんだ。

あれから2年、今日、2013年6月29日、マリアは演じられた。
しかも、初演当時のマリアであるアメリータ・バルタールを迎えるという、信じられない奇跡を伴って。

どうしたら、このことをひとに伝えられるのか。
最初、歌い手も、演奏も、緊張しているのが感じられた。
でも、徐々にほぐれ、なめらかになるのが伝わり、そして、
アメリータの声は、もともとハスキーで、不思議なニュアンスに富んだものなのだが、
ほんとうにあの声が、しかも、同じ歌を歌っていても、年月を経て豊かになっているのが感じられた驚き。
そう、今日のマリアは、大人のマリアだった。
IMG_3569.jpg
楽しみにしていたコンサートが震災で中止になったことだけでなく、
初めてマリアのレコードを聞いた高校生のときから、今までの時間が、無駄ではなかったのだと感じられた。

思いは、報われるのだ。

ピアソラ、アメリータ、小松さん、すべての出演者、今回のコンサートのために尽力されたすべての方にお礼を申し上げる。

最終章タングス・デイが終わろうとするとき、アメリータさんはマイクをスタンドに戻して、最後の音が消えるとき、手を合わせていた。
聴衆も、呆然として一瞬、拍手を忘れていた。
あの一瞬に、会場のすべてが感謝を捧げているのだと思った。


2013-06-29 21:03  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

パブロ・シーグレル ミーツ トーキョー・ジャズ・タンゴ・アンサンブル再び [音楽]

2011/11/9 浜離宮朝日ホール

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=1ceb0iyfYwA

この画像は昨年このアンサンブルが結成されたコンサートのものだが、今年もまた、ミケランジェロ70から始まった。
昨年は少し緊張気味だったメンバーたちも、今年は「お互いをよく知ってる」感じの演奏になっていて、
キワのところまで自分を広げていた。
それがバンドの一体感というものなんだね。

曲目も、昨年はピアソラが中心だったが、今年はシーグレルのオリジナルが中心となり、
がらりと変わった。
特に、2部冒頭、鬼怒無月さんのギターとピアノデュオの2曲は、ピアソラにはあり得ないもので、とても楽しめた。
ずっとピアソラを支えたギタリスト、ロペス・ルイスさんがこのコンサートを見たら、ほんとに羨ましく思うだろうな。

ゲストの梅津和時さんは、ときにアラブ風の音階を使ったり自己主張をしていたけど、
音色の醸し出すものがすでに十分個性的で、
わりと真面目でストイックな雰囲気のバンドメンバーに、妖しい香りを加えてくれた。
梅津さんが、オリジナルではバイオリンのパートを弾くことで、新しいキンテートの形になっていたので、
この編成でピアソラの曲ももっと聞いてみたいと思った。
シーグレルさんと1対1でフリーに入ったとき、ものすごい盛り上がりで息が止まった。
それを他のメンバーたちが、楽しげに眺めているのが面白かった。

全体に、よりまとまった音、シーグレルさんのなごませるお茶目な感じ、など親密度の増した素晴らしいコンサートだったが、
昨年のようなデモーニッシュな瞬間はなかったかな。
それよりも、個々の人が集まって、いまこの音楽をつくってる、っていうことの不思議に心が奪われた。
それだけ聴くほうも成熟してきたのか。

アンコールが終わってメンバーが袖に引っ込んだとき、大きな笑い声が聞こえて、
(最前列にいたので)
すごく幸せないい時間を過ごしたのは、ボクだけじゃなかったんだとわかった。
ありがとう、シーグレルさん、バンドのみなさん。
またすぐに!


2012-11-10 08:46  コメント(0)  トラックバック(0) 

スタディコンサート [音楽]

2012/10/14 恒例の秋の行事、ハーモウェルスタディコンサートに出演。
IMG_2247.JPG
今回は、エリッククラプトンのカバーで有名な "Change the World"を熱唱?!
バンドレッスンの仲間がサポートしてくれた。
写真を見るとみんな真剣な表情で弾いてるね。苦労をかけました!
こういうノリの曲は初めてだったので、とてもよい勉強になった。
他の出演者はジャズが中心だが、コーラス、アレンジに工夫が凝らされ、オリジナル曲などもあり、年々レベルアップしていると感じる。


2012-10-15 17:07  コメント(0)  トラックバック(0) 

シャンソニエ出演 [音楽]

2012/9/13に、老舗のシャンソニエ・シャンパーニュに出演した。
本当は、オーディションを通らないと出られないんだけど、ゲストである、恩師の妹・千秋みつるさんの前歌ということでスルー。
P9130623.JPG
出演が決まってから、歌う曲の練習をずっと船橋のお店でしていて、聞き飽きていた方もいたのではないかと思う。
でも本当に助かりました。
練習だけでなく、譜面の整備もずいぶん助けてもらった。
当日は「衣装や化粧は普通っぽく、歌は普通じゃなく」を目標にやってみた。
自分としては、今できることはできたと思う。また次に向っていこう。
客席は古い友人などが来てくれて、楽しい一夜となった。


2012-10-15 16:52  コメント(0)  トラックバック(0) 

月蝕探訪 [旅行]

__.JPG
さて部分月食の夕、向かったのは、日本の新名所東京スカイツリー。
と言っても、ツリーに上るわけではない。東方向が見える場所を探してウロウロ。
飲食店はどうか。月曜日なのにどこも行列。
と、思ったら、東方向の店で空いているところ発見。

そこは…たぶん東京ソラマチで一番高級感漂うフランス料理の店。

店員さん「今スカイツリー正面のお席もございます」
私「スカイツリーはいいから、アッチ(指差す)の席は」
店員さん「ございますよ」
私「ちょっともう食事して来たんで(嘘)アラカルトでいいですか?」
店員さん「もちろん」

というわけで、パーカ、サンダルリュック姿のまま案内される。
ここは30階、周囲にビルもなく、見晴らし最高。

…雲さえなければ真正面に月がのぼってきてるはずだ(涙)

いやでも、いい場所を見つけた。
照明を消してもらえれば、流星群などにもよさそうである。
料理も激ウマで700円からある。
(料理といえそうなのは2200円だけど)
ワインも……950円からある。
今度はワンピース着て来よう。


2012-06-05 09:10  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

永遠の永遠の永遠 [製本・アート]

__.JPG
草間彌生の新作を中心とした展覧会を鑑賞。大阪国際美術館にて。
大阪の展示の最終日とあって、ものすごく混雑していた。
大勢の人たちが草間作品を見ながら、ああでもない、こうでもないと話している様を見ていると、
草間さんがこれを見たら、どんなに満足するかと思ってうれしかった。
何度も書いたことだが、
紅茶を運んできた事務員に
「あたしって有名?」と聞いていた草間さん。
ボクはそれをフジテレビギャラリーの階段の上から見ていて、
「話にはきいていたけど、本当にそう言うんだ...」と思ったものだ。
事務員は「もちろんです。先生は世界的に有名でいらっしゃいます」と答えた。
草間さんはすかさず「アイオウより有名?」と聞き、
事務員は「失礼します」と小さく言って去っていった。

しかし、どこへ言っても水玉のオンパレードで、もちろん水玉は草間の主要モチーフには違いないが、
最近の作品、わりと具象的でかわいらしいものがウケるのを見ていると、
ちょっとなあと思うのも事実。

大阪国際美術館の一般コレクションを見ていたら、
草間の初期の作品、
白いネットと、銀色のテーブル(道徳の部屋1976)、銀色の箱オブジェ(銀色の希死1976)を所蔵していることがわかった。
ネットは、3枚組みで、1958年の作品。
久しぶりにネットの前に立ち、すべての価値が消失し、自分のいる場所が失せて無となる、あの恐るべき快感を感じた。
絶望を快感にする力こそ、草間だけが持つ世界だ。それは理屈じゃなくて、直接感じ取れるからすばらしい。
あの力、あの感じを、今回の展覧会に来た人にも味わってほしかったが、
ほとんどの人は一般展示は見なかったんじゃないかな〜 惜しいよね。
でも草間さんの初期作品が、こうして美術館で保護されていることは大事なことだ。


2012-04-08 20:32  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

盛岡にて [旅行]

東京製本倶楽部の「おかえりプロジェクト」をみるため、盛岡に来た。
盛岡では、もっこもこのダウンコートを着てるのは旅行者だけで、駅前では若者グループがにぎやかだった。
いろんなところからたくさんの人に足を運んでもらって、このプロジェクトが、みんなの記憶に残ってほしい。
なぜなら、今回展示されたアルバムが被災者の方に贈られてしまうと、もう集うことはないのであり、
まとまって鑑賞できる最初で最後の機会となるのだ。
そのことこそが、プロジェクトの目的でもある。


2012-03-03 22:15  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。